top of page

汝の名はTOMOMI!

更新日:2022年11月25日


こんにちは、わくわくゲームズの大柳です。


弊社2022年末タイトルのお披露目が完了し、このブログ記事を書いている本日(11月24日)にまずはNintendo Switch™版『モン娘ぐらでぃえーた』が先陣を切って発売を開始しました。おかげさまで多数のゲームファンの方々に事前予約という形でご注目をいただき、嬉しい限りです。どうぞゲーム本編をじっくりお楽しみいただければ幸いです!


さて、年末タイトル第2陣としておなじくSwitch版探索型アクション『TOMOMI』の発売が来週に控えています。『モン娘ぐらでぃえーた』と比べるとちょっと目立たないゲームではありますが、本作の遊びやすさ・爽快さは先行発売中のSteam版をプレイした方々もレビューで太鼓判を押しています。本作Steam版のレビューもぜひお手隙の際にご覧をいただければと存じます。


本作についてはアクションゲームがいまひとつ苦手な私も2周プレイするくらい楽しく遊べました。(ちなみに2周目は1周目からLvやアイテム持ち越しが可能な分、敵が強くなっています。)普通はエンディングを見たら「あー楽しかった!」で終了というパターンが多いと思いますが『TOMOMI』はエンディングのあと2周目にそのまま突入し、なんとなく遊び続けてしまう、不思議な魅力があります。


壮大な規模ではなく、ほどほど集中力を保ったまま遊べるボリューム、強いボスと戦うときにLvやアイテム、所持金を保ったままで何度もチャレンジできる(そしてセーブポイントが細かく設置されている)しっかりした救済策の用意、探索型にありがちな面倒くささをできるだけ排除したマップ、スピード感あふれるキャラ操作と戦闘、楽しいアクション、ちょっと変な(というか変態な)登場人物の楽しいかけあいなど、見た目フツーの2Dアクションですが、プレイしてみると確かにわかる素晴らしいバランスでゲームが成り立っていることにきっと気づくでしょう。


実は『TOMOMI』は最初私が発掘したゲームではなく、現在Steam / Switch用ローグライクゲーム『魔界堕ちのラズリエル』を制作中のオタケサンさん(さかなクンさんみたいだ)にオススメされてゲームを購入してプレイしたところ、上記のような体験を経て即座に作者のNUL2STUDIO・ぬるぬるさんにお声がけをさせていただいたという経緯があります。


わくわくゲームズでは作家さんたちのオススメやご紹介でお取り扱いに至ったタイトルがいくつもあります。弊社は私一人の会社ではなく、作家さんたちの支援によって支えていただくことで成り立っているのです。ありがたや。


弊社の今年のラインアップは12月1日発売の『TOMOMI』と15日発売の『コスモドリーマー』(いずれもSwitch版)までです。来年も『まもけん2』などリリースを控えた作品が続々と控えています。どうぞ引き続きご注目をいただき、弊社ウェブサイトやTwitterもチェックをお願いいたします。


そして、トモミがリコを狙うがごとく、良いゲームを逃がさないトモミ的精神で今後もラインアップの拡充に努めて参ります。


Comments


bottom of page